うさりく先生の陸上教室

 

うさりく先生の陸上教室

陸上競技に関する情報や基礎知識を発信します。陸上競技を始めた人、もっと知りたい人、また、指導者の皆さんにも参考になるブログです。

MENU

ユニフォームは必ずインするのか?

f:id:usariku:20170504075658p:plainスタート前の最終コール(点呼)やスタートの直前に競技役員からのユニフォームをランニングパンツに入れる様に言われました。入れなければならないのですか?

 

これ出発係という競技役員を行っている時、確かに言うことがあります。
その理由はふたつあります。

まず先に、服装に関するルールです。 

競技者は清潔で、不快に思われないようにデザインされ仕立てられた服装を着用しなければならない。その布地は濡れてもすきとおらないものでなければならない。また、審判員の判定を妨げるような服装を着用してはならない。

理由のひとつはこのルールの後半、審判員の判定を妨げるような服装、この部分に関してです。


トラック競技では写真判定用の腰ナンバーをつけます。ユニフォームで腰ナンバーが隠れそうな場合は審判員の判定を妨げるような服装と判断され、ランニングパンツに入れるように言われます。

 

もうひとつは、不快に思われないようにデザインされ仕立てられた服装、この部分です。
最近はユニフォーム(上)を外に出したままランニングパンツやスパッツなどに入れないデザインのものがあります。上下セットになったもので、多くはランニングパンツではなくスパッツです。

このようなユニフォーム上下の場合は腰ナンバーがスパッツの下の方につけてあり、走っている時にも隠れて見えなくなることがなければOKです。
ただし、ユニフォーム(上)を外に出したままランニングパンツやスパッツなどに入れないデザインのものでない場合は、だらしないと見られ、不快に思われないようにデザインされ仕立てられた服装でないということでランニングパンツやスパッツなどに入れる様に言われます。上下セットのユニフォームでない場合はNGとされる可能性が高いので注意しましょう。

 

このルールの競技者は清潔で、不快に思われないようにデザインされ仕立てられた服装を着用という部分をユニフォーム(上)は必ずランニングパンツやスパッツなどに入れなければならないと解釈している競技役員がいます。必ず入れるようにとは書かれていません。
ユニフォームの上下がセットで上を外に出したままでランニングパンツやスパッツなどに入れないデザインのものである場合は、きちんと外に出すデザインであることを主張しましょう。

腰ナンバーは確実に見えているように・・走っている時に隠れそうなものは認められません.。

リオデジャネイロオリンピックの日本代表男子4×100mリレーの選手が着ているユニフォームは、スパッツの中に入れない外に出すタイプです。参考までに。

  過去の記事一覧f:id:usariku:20170517002941p:plain

 

//トップに戻るボタンの設定
//トップに戻るレンジの設定