うさりく先生の陸上教室

 

うさりく先生の陸上教室

陸上競技に関する情報や基礎知識を発信します。陸上競技を始めた人、もっと知りたい人、また、指導者の皆さんにも参考になるブログです。

MENU

速報。全中の短距離・ハードル競技エントリー人数、記録

f:id:usariku:20170423225103p:plain

平成29年度全国中学校体育大会・第44回全日本中学校陸上競技選手権大会の開幕まで後わずかとなりました。短距離(100m、200m)とハードル競技のエントリー数が見えてきました。

 

 

 

 

 

平成29年度全国中学校体育大会・第44回全日本中学校陸上競技選手権大会(以下「全中」)は、

平成29年8月19日(土)~22日(火)、
熊本県民総合運動公園陸上競技場 えがお健康スタジアムで開催されます(19日は開会式のみ)。

その100m、200mハードル競技が厳しい戦いになると記事で書きました。


そのエントリー選手ランキングが、陸上競技マガジン社運営のサイト「陸上競技ランキング」で公開されました。その情報を引用しエントリー数や記録を抜き出してみました。

f:id:usariku:20170811103521j:plain

 

公開されたランキング情報には参加標準記録を超える(突破していない)記録が掲載されています。
表中の「エントリー選手数」にその人数は含まれていません。
別枠として「標準以上」にその人数を記載しています。

 

過去様々な全国大会などに引率、選手、競技役員として関わってきましたが、ランキング上位の選手が予選で終わってしまったり、上位でない選手が入賞するするケースを多々見ています。

そもそもランキングは異なる条件の中で行われた競技会でのものです。

ランキング気にし過ぎる選手をよく見ます。特に多いのが最初からあきらめている選手・・・「〇〇選手には勝てない」という言葉・・・


競技会ではその競技会での順位が決まりますが、陸上競技短距離(ハードルを含むレーンに分かれて行う競技)は記録が先、その記録を他の選手と比べて順位が決まるものです。

周りに惑わされ、集中できず記録が悪ければ順位は悪くなります。

エントリ―人数が多く、割合で考えると決勝まで進出できる選手は少なく、厳しい戦いになるかもしれませんが、自分ができることをきちんと行いましょう。

中学生ではある大会で大きく自己記録を更新する選手もよくいます。

自分を信じて。目指すは自己記録更新。

頑張れ若きアスリート!!

 


注意:本記事で使用している記録、順位、人数などは、陸上競技マガジン社運営のサイト「陸上競技ランキング」の情報を引用しています。全中本大会のランキング表やスタートリストなどと異なる場合もあります。

 

 

全中の出場条件などは次の記事をご覧ください。 

 


 

 

 第44回全日本中学校陸上競技選手権大会の公式サイトはこちらです。

kumamotozentyu2017.com

 

  過去の記事一覧f:id:usariku:20170501233717p:plain

//トップに戻るボタンの設定
//トップに戻るレンジの設定