うさりく先生の陸上教室

 

うさりく先生の陸上教室

陸上競技に関する情報や基礎知識を発信します。陸上競技を始めた人、もっと知りたい人、また、指導者の皆さんにも参考になるブログです。

MENU

男女混合4×400mリレー

f:id:usariku:20170423225103p:plain

今後注目される種目、男女混合4×400mリレー

 

 

2017年6月9日、国際オリンピック委員会はスイス・ローザンヌの理事会で、男女混合4×400mリレー2020年東京オリンピックの正式種目に採用とすると発表しました。

 

男女混合4×400mリレーの編成ルールは、男女各2名、走順に定めはない、つまり男子の走順、女子の走順はチームで自由に決めて良いということが、今確認できている限りでは全てです(各競技会の要項での定め)。


参考記事 

www.usariku.com

 

男女混合4×400mリレーは、今年(2017年)4月に開催された「2017ワールドリレーズ(世界リレー選手権)」でも実施されました。

日本に関しては、9月9日にフランスで開催された国・地域対抗戦のデカネーション(2017/アンジェ)大会で実施された男女混合4×400mリレーに日本代表チームが出場しています。

 

その後国内の大会でも実施されるようになり、10月28日の第101回日本陸上競技選手権リレー競技大会(日本選手権リレー)では 東京 2020 オリンピック特別対策種目として、U18男女混合4X400mR(高校1・2年生による都道府県を代表する混合チーム)が実施されました。

 

私が把握しているだけですが、国内では他にも、
10月14日に福島県で開催の第6回東邦カップふくしまリレーズ、
11月5日に静岡県で開催の第8回エコパトラックゲームズ
で行われています。

その気になる結果ですが(Mは男子、Wは女子)、

・世界リレー選手権での1位は、バハマ(走者:M・W・W・M)3分14秒42
・デカネーションでの日本代表チームは 3分27秒88(佐藤 M富士通・奥村 W共愛学園高校・武石 W東邦銀行・木村 M四電工)
・日本選手権リレーでの1位は、福岡県チーム、3分31秒70(今泉M・金W・河北W・花岡M)
・ふくしまリレーズでの1位は、福島選抜、3分23秒83(武石 W東邦銀行・記野 M東邦銀行・青木 W東邦銀行・渡部 M・城西大)
・エコパトラックゲームズでの1位は、静岡県大学選抜、3分26秒90(小川 M常葉大・杉浦 W青山学院大・伊谷 W駿河台大・加藤 M早稲田大)

 

現時点での日本最高記録は、ふくしまリレーズで福島選抜が記録した3分23秒83です。
エコパトラックゲームズでの静岡県大学選抜の記録も日本大学最高記録、
日本選手権リレーでの福岡県チームもU18の日本最高記録ではないかと思います。

 

これらの記録は選抜チームによるものですが、ある大会の競技結果をみると、単独高校で3分33秒37、単独高校の日本高校最高記録かもしれません。 

 

この中のある大会で実際にレースをみましたが、男女の走順の違いにより抜きつ抜かれつの面白いレースでした。

今年のトラックシーズンはほぼ終わりになり、男女混合4×400mリレーが実施される競技会もほとんどないと思いますが、来年度のトラックシーズンでは多く競技会で実施されるのではないかと思います。

あちらこちらで日本最高記録がでるのでは・・・

中学生で実施するかは主催者次第ですが(今年実施されたある大会では中学生と高校生の混合チームも出場しているようです)、高校以上では男女別の4×400mリレーだと男女それぞれ4名の選手が必要ですが、それぞれ2名いれば出場できます。

もしかすると、日本最高とはいかなくても、各カテゴリーの各都道府県最高記録などを狙えるチャンスがあるかも知れませんね。

オリンピック種目になる、陸上競技にも「MIX(ミックス)」の時代がやってきました。  

  

  過去の記事一覧f:id:usariku:20170501233717p:plain