うさりく先生の陸上教室

 

うさりく先生の陸上教室

陸上競技に関する情報や基礎知識を発信します。陸上競技を始めた人、もっと知りたい人、また、指導者の皆さんにも参考になるブログです。

MENU

スパイクの選び方・小学生編 初心者におすすめのスパイク

   f:id:usariku:20170504075658p:plain うさりく先生、陸上競技、小学生でもみんなスパイクを履くの?で、スパイクを履くと速く走れるけどデメリットもあるということが分かりました。

デメリットをよく理解したうえで「やっぱり買おう!」と思ったひとに
選び方やおすすめのスパイクを教えてください。

 

 

 

 

小学生のスパイクを選ぶときの注意


主要メーカーのアシックスミズノともにホームページなどにスパイクや付属品に関する説明がありますが、小学生を対象としたものではない部分もありますので注意してください。(両メーカーに確認済み)

例えばピンの長さ。なぜかはこの記事の最後の方に書いてあります。

また、スポーツ用品店や陸上競技専門店でも適切なアドバイスが受けられないことがあります。実際に経験したことがあります。ある種目専用の商品を買いに行ったら在庫がなく、他の種目でしか使えないものをすすめられました・・・

  

f:id:usariku:20170418121827p:plain 陸上競技のスパイクは多くの種類がある


陸上競技のスパイクは、

競技場の種類(全天候型=ポリウレタンまたは合成ゴム舗装、土など)、

競技種目、競技力などによって違い、多くの種類があります。

適切なものを選ばなければ、パフォーマンスを発揮する手助けにはなりません。

選択を誤ると逆にパフォーマンスが低下したり、けがをする可能性が高くなることもあります。

 

f:id:usariku:20170418121827p:plain 上級者モデルは小学生には向かない

 
特に小学生にとっては、高価なものが良いとは限りません。

お子さんの筋力や技術力に見合った適切なもの選んでください。
 

高価なもの=上級者モデル=足にかかる負担が大きい=小学生には不向き

と考えてください。

 

f:id:usariku:20170418121827p:plain 買い替えの場合も初心者用のスパイクを


上位モデルは足への負担が増します。

また、もうすぐ中学生になる人は要注意です。

中学生になると校庭(つち)での使用、複数種目での使用の可能性があり、せっかく上級者用を買っても下位モデルへの買い替えが必要になるかもしれません。 

 

必ず試し履きをして足に合ったものを選ぶ 



f:id:usariku:20170418121827p:plain スパイクは足に合わなければ機能しない


陸上競技のスパイク
は靴裏に金属製のピンがついています。

足の裏の適切な位置にピンが配置されていますので、試し履きをして足に合ったサイズのものを選んでください。

同じメーカーのアップシューズと同じサイズでも履いた感じは違います。
同じメーカーのスパイクでも種類が違うと装着感が異なることがあります。

すでにスパイクを履いている人のものを借りて履いてみるのも一つの方法ですが、使っているうちに使用者の足に形が合ってくるので、新品時と大きさが変わっている場合がありますので注意してください。

 

f:id:usariku:20170418121827p:plain 小学生の足のサイズ、まだまだ大きくなることをお忘れなく

 
一般的に冬季練習期間中にスパイクを履くことはほとんどありません

3月頃からスパイクを履いての練習が始まりますが、スパイクをすでに持っている場合は、数カ月ぶりに履くことになります。

いざ履くときになってサイズが小さくなっているということがないように、早めに確認するようにしてください。

 

モンド・セレクション受賞!せのびとーる

 

何を買うか~小学生におすすめのスパイク~

 

主要メーカーであるアシックスミズノは、初心者向けのスパイクを出しています。短距離から中距離、フィールド競技(走幅跳走高跳等)まで幅広く使用でき足への負担も他の商品と比べ少ないものです。

 

おすすめは・・・

アシックス
 「EFFORT(エフォート)」

f:id:usariku:20170508094914p:plain f:id:usariku:20170508095005p:plain f:id:usariku:20170508095024p:plain f:id:usariku:20170508095038p:plain



ミズノ
 「BRAVE WING(ブレイブ ウィング)」

f:id:usariku:20170502173747j:plain

 

※商品名や写真はこの記事を書いた時点のものです

 
以上2点よりも上位のモデルは足への負担が増えます。


また短距離専用として踵の部分が薄くなっているものがありますが、

これは跳躍競技には使えません。

逆に跳躍競技専用としてトラック競技に不向きなものもあります。

 

シューズの正しい履き方を紹介した記事です。ご覧ください。

f:id:usariku:20170423225103p:plain
靴(くつ・シューズ)の正しい履き方~陸上競技を始めて最初に覚えること~



スパイクのピンも必要です

 
f:id:usariku:20170418121827p:plain スパイクのピンにも種類がある

ご紹介した初心者向けスパイク

エフォートブレイブ ウィングには

付属品として先のとがったピンが付いています。

これは土のトラック(アンツーカ・トラック)向けであり

全天候型トラック(オールウェザー・トラック)での使用には適していません(長さが長いため)。

  

f:id:usariku:20170418121827p:plain 別売の全天候型トラック専用のピンも買う 

 競技会の多くは全天候型トラックで行われます。

したがって競技会に出る人や練習場所が全天候型の人は、

別売の全天候型トラック専用のピンを買う必要があります。

 

全天候型トラック専用のピンのひとつに平行ピンというものがあります。

f:id:usariku:20170502173757j:plainピンのイメージ  ミズノ スパイクピン 二段平行タイプ
上側の四角い部分がねじ山になっていてスパイクの受け側にねじ込み固定する

 

平行ピンにもいろいろな長さがありますが、小学生には5㎜がいいでしょう。

店員さんは、「5㎜は中長距離用」と言うかもしれませんが、小学生には5㎜が適しています。

足への負担をできるだけ少なくするためです。

アシックスのスパイク向けですが、足への負担が更に少ない全体が細いピンがあります。お持ちのスパイクがアシックス製の場合はこちらの5mmの使用をおすすめします。パウピラ AS-A(18本) TTP981 という商品です。
ミズノのスパイク向けには、グリップタイプという種類のものがあり、平行ピンより足への負担が少ないとメーカーは言っていますが長さが7mmからです。平行ピンの5mmとグリップタイプの7mmのどちらが適しているかは筋力や技術力など、個人により異なりますので指導者などに相談してください。



 

f:id:usariku:20170504083213p:plain競技会で、高そうなカッコいいスパイクを履いている人を見ると
わぁ~!ほし~い!とあこがれてしまいますよね。
でも安易に「カッコよさ」だけで選んではダメなんですね。

小学生でスパイクを履くかどうか迷っている人はこちらもお読みください。

 

   過去の記事一覧f:id:usariku:20170501233717p:plain

 

この記事はお役にたちましたか?下のボタンを押していただけると嬉しいです。

↓  ↓  ↓