うさりく先生の陸上教室

 

うさりく先生の陸上教室

陸上競技に関する情報や基礎知識を発信します。陸上競技を始めた人、もっと知りたい人、また、指導者の皆さんにも参考になるブログです。

MENU

リレーの種類、実はこんなにあるのです

     f:id:usariku:20170504083213p:plain

うさりく先生、リレーって小学生や中学生では4×100mリレーですが、他にも種類があるのですか?
オリンピックや世界選手権では4×400mリレーというのも見たような気がしますが・・・

教えてください!

 

いろいろな種類があります。

その種類、ルールでは、

4×100m,4×200m,100m-200m-300m-400m(メドレーリレー),4×400m,4×800m,1200m-400m-800m-1600m(ディスタンスメドレーリレー)、4×1500mが標準の距離である。
〔注意〕 メドレーリレーは走る距離の順番を入れ替えることができ
る。

と書いてあります。 

  

4×200mリレー、実は2000年ころまで中学男子の種目としてあったのです。その後4×100mリレーになりました。

メドレーリレーは、以前スウェーデンリレーとも呼ばれていました。スウェーデンリレーなら知っているという方、いるのでは?
私の出身高校では、体育祭でこの種目が行なわれていました。最終種目で、かなり盛り上がった種目です。

4×400mリレーは高校生以上では一般的に行われています。

4×800m,1200m-400m-800m-1600m(ディスタンスメドレーリレー)、4×1500mリレーはめったに見かけない種目です。

国際陸上競技連盟(IAAF)が主催する、世界リレー大会という大会が2014年からバハマで開催されるようになり、いろいろな種目が実施されています。
毎回実施される種目もかわり、なんと男女混合リレーも行われています。

今年は4月に開催されました。
今年実施された種目
4×100mリレー(男子、女子)
4×200mリレー(男子、女子)
4×400mリレー(男子、女子、混合)
4×800mリレー(男子、女子)


これらのリレー種目、全て陸上競技場内(トラック)で行われ、バトンを使います。4×1500mリレーでもタスキを使うことはありません。

 

   

 

         過去の記事一覧f:id:usariku:20170501233717p:plain

 

//トップに戻るボタンの設定
//トップに戻るレンジの設定